スポンサーサイト

  • 2020.01.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    全日本フィギュア観戦感想

    • 2019.12.31 Tuesday
    • 17:32

    放心したままゾロゾロと会場を後にして地下鉄へ。

    夕方から降り出した雨がしとしと降り続けています

     

     

    もともと神がすごい方だということは周知の事実だし

    あの若さで数々の偉業も達成、サービス精神も満載で

    人柄もいい、容姿も美しい、努力も練習もする、

    (以下割愛)

    特に何か評価することも注文する事も無いですよね。

    まして神が全てを捧げて没頭しているフィギュアに関して

    どうのこうの言う立場にある人はコーチとジャッジたった数人です。

     

    結果は2位でご本人は激しく悔しがっておられましたが

    敵なしの全日本で不本意な演技だとさぞ残念だったでしょう。

    でもいつもいつも完璧には生きられないのが人間です。

    一ファンとしてはこの結果すら目の当たりにできたことを

    恭しく感じなくてはなりません。(変態かしら)

    あれです、ご本人もファンもこの結果を受け入れて前に進むのです。

    そうそう、受け入れましょう。

    「次の試合、また次の試合(ヘルシング風に)

    神は試合が大好きです。」

     

    大変な日程調整のなか、ショートフリーと相変わらず全力で滑ってくれました。

    私は思いがけず会場まで行って神を目の当たりにして観戦し

    思っ切り拍手、でっかいバナーを持って応援できました。

    会場の雰囲気を感じてあの一体感も知れたし

    もう感無量です。本当に行ってよかった。全てが楽しかった。

    そのせいか、残念感すらない。

     

     

    とにかく生まれて初めてのフィギア観戦はおわりました。

     

    地下鉄へとつづく道を埋め尽くした行列で自動的にとろとろと進みます。

    京子ちゃんが地下鉄の入り口まで一緒に来てくれました。

    ホテルまでの経路を確認した上でそれぞれのホテルへ別れます。

    地下鉄を乗り継いで半蔵門駅すぐのホテルモントレに到着。

     

     

     

     

    観戦ツアー連載はここまでですが

    この後まだ東京ツアーが続きますー。皆さんお楽しみに〜

     

    そろそろ京子ちゃんが「長い!」って言いそうだなぁ

     

     

    全日本フィギュア ・フリー感想

    • 2019.12.31 Tuesday
    • 00:08

    ずっとテレビで拝見するだけだった神が目の前のリンクで滑っています。

    50m程の所で実際に滑っている神は

    表情を伺うこともできないほどの距離でしたが

    紛れも無い彼でした。当たり前だけど会場の一部になってるとそれすらも圧倒的ー

    凄い、なんて存在感。練習の時にも思ったけどジャージの上からでも

    筋肉の存在がありありと分かるし、テレビや写真と全然質感が違う!

    それはもう唖然とする程のリアリティでした。

     

    演技はどんどん進み、それに合わせて観客のリアクションが続きます。

    ジャンプが成功すれば拍手が起こり

    バランスを崩せば静かな悲鳴が上がります。

    神の出すピリピリ感が会場中に感応してものすごい一体感です。

     

     

    ほぼ全ての観客が固唾を飲んで見守っています。

    本当に会場へ始めて観戦に行って感じたのは観客のフィギュアに対する

    情熱や優しさ、熱狂や思い遣り、愛、祈り。そういう純粋なものでした。

    ゲームの勝敗を楽しむとか、音楽にのって楽しむとか綺麗なものをみて喜ぶとか

    どれとも違う独特の雰囲気です。

    そんな観客に支えられる様に全力で滑る神はもう

    点数や順位、ご本人の言う良い演技もっと出来る演技などなどを超えた所に

    ある存在って感じがして

    感動してしまって自然と涙ぐんでいました。凄い

     

    演技が終わり悔しい様子で挨拶する神に

    みんなが思いっきり拍手を浴びせます。

    隣で京子ちゃんが号泣していて  驚

    神がどんな思いでいるのか、なんと声を掛けるべきかやっぱり分からないけど

    とにかく労いの歓声を上げるだけです。

     

    ちょっと違うかもしれないけど

    我が子を見る親の気持ちってこんな風かなと思いました。

    100点を取ろうと運動会で負けようと愛しいのには変わりないって感じです。

     

    ただ気持ち的には身内感覚を持つほど身近には感じないので

    (畏れ多いし)

    信仰心が一番近いと思います。だから神って呼ぶー

     

     

    そんな事より最後の表彰式まで見守って燃え尽きた様に放心して会場を後にしました。

     

     

     

    まだつづくんだよー

     

     

     

    全日本フィギュア東京応援ツアー!

    • 2019.12.29 Sunday
    • 17:27

    結婚式

    明治神宮で結婚式に遭遇!

    雨の中傘をさして介添えされる白無垢の花嫁さん。

    偶然見かけるとラッキーだそうです。

    えーいいことありそう!って、この東京に来れていることが最大のラッキーだけど!

     

     

     

     

    渋谷駅を縦断遠征して(長い)京子ちゃんのホテルに到着。

    アンチ移動女子だから駅直結のホテルにしたのに!

    出口がホテルの入り口なのにその出口がこんなに遠いなんて!

    だそうで、たしかにホテルメッツは地図上では近いけどお勧めできなーい  笑

     

    それはそうと

    持ち込んだフレーバーティーとお菓子でまったりお茶しようとしたら

    「バナーの準備!!」と急かされます。

    お茶もそこそこにボードを繋げて出力したカラーを貼り付け

    金のモールに巻いたネジネジをボード裏に貼ってバナー完成ー!

     

    バナー

    神から見てー

    左の信者が掲げる手筈の「羽生バナー」

     

    バナー

     

    神から見てー

    右の信者が掲げる手筈の「結弦バナー」

     

    ちなみに右バナーの元画像は京子ちゃんのお気に入り!なので

    こちらを彼女が掲げることに決まりました。

     

     

     

    中継

    テレビ中継が始まってて、タブレットではウォームアップエリアの定点撮影中継が。

    支度を進める横でせっかくだからと書き始めたファンレターが終わりません。

    途中で断念しようかと思いましたが京子ちゃんは待っててくれます…

     

    やっと書き終わってー(遅!)

    バナーを一つづつカバンに入れてバッタバタでホテルを飛び出しました。

    が、渋谷駅は絶望的に長かった。肺が痛くなるくらい走ったのはいつ以来かな。

    シングル引退で最後の演技となった高橋君が滑り終わって大歓声を浴びている時に到着。

    やっぱりプレゼントボックスは撤去済みでした。残念

     

    駅の売店で買ったサンドイッチを食べる為にロビーへ。

    休憩に入ってトイレ待ちの行列がコミケ並みだなーと見ながらゆっくり食べてー

    席に戻ってスタンバイ。

     

    最終グループが登場して、神が挨拶されると大歓声!バナーを開いてフリフリします。

    スタンド席まで沢山のバナーが揺れます。

    練習が始まり、会場から「ショーマ!!」の掛け声が多く聞かれます。

     

    これからいよいよ最終滑走

    なのになんだか夢みたいであんまり実感がわきません。???

    初観戦ってこんな感じなのかしらといぶかしく思ってたらあっという間に

    神が!!

     

    つづくー

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM