スポンサーサイト

  • 2020.01.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    曼荼羅絵の額装

    • 2019.09.09 Monday
    • 20:33

     

    魔女連合(勝手に呼んでいる)のターニャさんが先日うちに来てくれましたー

    彼女は古い知り合いで、スピ界関係が大好き。ヒーリングを受けるようになった頃

    知り合ったので20年弱くらいのお付き合いになります。懐

     

    画像は、去年うちの師匠がダライ・ラマ氏の講演に行った時のお土産で

    観音像の曼荼羅絵です。

    ターニャさんも参加したそうで、同じポスターを持ってて

    壁に直張りしてたので預かって、行きつけの額店で額装したものです。

     

    額装

     

    実は師匠のウチにあるこの同じ絵も額装したのですが

    ちょっと額の金が暗いとかでもっと明るい金をご希望でした。

    どうせならとマットも金にしてみたらとっても豪華な感じになって

    大変気に入ってもらえました。

     

    「またゆっくり来るわねー!」と

    忙しい彼女は嵐のように帰ってしまいました。笑

     

    また来てね〜

     

     

    幸せかどうか 続き

    • 2019.09.02 Monday
    • 00:14

    前回「幸せかどうか」の続きです。(リンクの貼り方が不明…苦)

     

    もう一つは、自分なりの常識です。

    これは個人的な思い込み(自分はこういう人間だ。とか、いつもこういう経験をするだろう、とか)

    とはちょっと違ってて、世間一般の常識だと信じてることです。

    こっちはちょっと厄介で、

    自分の事だけではなく、周りとの関係に問題が起きやすいです。

    人のする事も気になってくるのが特徴です。

    分かりやすいのはメールの返信がすぐに来ないとか、

    欲しがってた物をあげたのにお返しがないとか。

    この「常識」に違反した場合は正義が自分側にあると思い込んでいるので

    相手が100%悪!と思い込んでしまい、解除するのが困難になります。

     

    個人的な思い込みが過去の経験に拠っているのに対し

    常識的な思い込みは世間の大多数が信じている事なので

    多数決、数の論理で思い込みが一層強化されて覆すのが難しくなります。

     

     

     

    この二つを意識化するのは大変な作業ですがやる価値はあります。

    もし自分がいつもなんだかイライラしたり、

    人とうまくいかなかったりして落ち込んだり憤慨したりと

    ようするに不幸せな時間が続いているなら

    ちょっと意識してみるものいいかもです。

    なんせ、自分を縛っている常識を見直すことや

    自分に対する思い込みを外すだけで

    気持ちはかなり軽くなるはずです。

     

    一人でいる時に幸せで、他人と居る時に不幸せを感じるなら

    常識に縛られ過ぎていないか?を重点的に。

    他人がどうこうよりも一人でいる時に自己嫌悪や不幸せを感じるなら

    過去の経験から来る自分への決め付けを探してみる。

     

     

    その上で、例の「自分の信じている事が正しいかどうかではなく

    自分を幸せにしてくれるかどうか

    いい結果をもたらしてくれるかどうか」

    を考えてみます。

    その思い込みや自分の信じている常識は正しい正しくないではなく

    自分にとっていい結果をもたらしてくれたか?

    その考え方によって自分は幸せを感じる事が出来ているか?

     

    自分が幸せを感じるかどうかはとても重要です。

    誰かと繋がれた時に感じる幸せ、

    自分を誇らしく思えた時に感じる幸せ、

    そういう幸せの時間をたくさん持てることが

    充実した人生に反映して行くのだと思います。

    あなたと私が昨日より今日、今日より明日

    幸せな時間を過ごせますようにー

    幸せかどうか

    • 2019.08.24 Saturday
    • 23:18

    図書館通いを続けて、先日とうとう読書手帳がいっぱいになりました。

    読んだ本のタイトルと詳細シールをせっせと貼り、全100冊。

    何週間もかかってじっくり読む本から

    写真を眺めて楽しむ本まで色とりどり…楽しいです。

     

    どの本だったか、メモを残しているのがありました。

    「自分の信じている事が正しいかどうかではなく

    自分を幸せにしてくれるかどうか、

    いい結果をもたらしてくれるかどうか」と書いています。

     

    これは、ヒーリングの見方から解説するとー

    思い込みの信念と呼ばれる類のことです。

    過去の経験から誰でもこの思い込みをする場面があって、

    それが重なる事で自分なりの人生に対する信念や、自分に対する信念を作り上げます。

    これは信念というか、信じて疑ってない事なので

    言語化される事も意識される事も少ないし

    現実からかけ離れている事も多々あります。

    でも思い込んでいるので、その前提で生きる事になります。

     

     

    例えば、

    両親が忙しすぎて小さい時に構ってもらえなかった子供は

    何かお手伝いをした時にとても褒められたとします。

    子供なりに「自分は何か人の手伝いをしないと喜んでもらえないのか。」と悟ります。

    それが続いていく事で、人の関心を買うには何か相手のニーズにこたえなくてはならないという

    思い込みを強固にしていきます。

    こうして過剰に他人の世話をする人が出来上がります。

    喜ばれている間はいいのですが、全ての人のニーズに完璧に応えるのは現実的ではないので

    いづれ応えられないときが来て、大事な人とのトラブルに発展、

    どこまでやったら認めてもらえるのか?

    どうして自分はいつもちゃんと応えられないのか?

    こんなに尽くしているのに相手が去っていくのはなぜなのか?

    その答えは見つけられないまま

    自分は誰にも認められない。

    人は自分を愛してくれない。

    自分は愛される様な人間ではない。

    という間違った信念を抱き続けます。

    また、そういう信念を持っているのでその現実を自分でどんどん作り上げます。

    ちょっとでもそういう場面に出くわすと、

    「ほらやっぱりね!」と自分の信念が間違っていないと思い込んでいきます。

     

    これを、私たちは「正しいんだ」と思い込んでいるわけです。

     

    続くー

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM